競売にかけられる前の対策

市場価格は高く売れる

案内

住宅ローンを支払えなくなったら、行き詰まる前に対策をとる必要があります。ローンを滞納しはじめると、銀行などによって住宅を差し押さえられてしまいます。そうなると裁判所を通して競売にかけられ、市場価格の五割から七割ぐらいで売られてしまいます。それを防ぐには任意売却をするのが一番です。任意売却というのは差し押さえられる前に自主的に売りに出すことです。そうすれば市場価格で売ることができます。想定以上の値段で売れる可能性もあるのです。そうなれば売却益でそれまでの借金を清算できますし、余剰金が出ることもあるのです。これが任意売却のメリットです。競売に出されて安く売られるより、任意売却で高く売った方が遙かに有利なのです。

弁護士に依頼するのが一番

任意売却はやり方によってもう一つのメリットがあります。それは親兄弟や親類に売却するやり方です。そうすれば家賃を支払うことで、今の住宅に住み続けることができるのです。売却先が親兄弟や親類だからこそできる方法です。このメリットは引っ越しをする必要がないことです。住み慣れた住宅に住み続けられるというのが一番のメリットです。任意売却するには抵当権を抑えている銀行などと交渉する必要があります。そのためには専門家である弁護士に依頼するのが一番良い方法です。重要なポイントは住宅ローンを支払い続けることが困難になった場合、自分で任意売却の決断を下すことができるかどうかです。今後は老後の生活のことを考えて、住宅ローンに見切りをつけて早めに任意売却に踏み切るケースが増える可能性があります。