より上位の免許状を

男女

一種と専修のメリット

幼稚園教諭として働くためには、免許状が必要となります。免許状には一種と二種とがあるのですが、これらのうち上位とされているのは一種です。どちらも幼稚園での基本的な勤務内容は同じなのですが、一種の方が待遇が良かったり、学年主任として抜擢される確率が高かったりするのです。そのため幼稚園教諭を目指す人の多くが、一種免許状の取得を希望しています。しかし一種免許状を取得するには、養成課程を設けている大学に進学し、最低でも4年間学ばなければなりません。それに対して二種免許状は、短期大学の養成課程で2年間学習するか、認定試験を受けて合格することで取得できます。そのことから、より早く幼稚園教諭として活躍することを希望している人、あるいは4年分もの学費の支払いが難しという人には、二種免許状の方が適していると言えます。逆に、しっかりと学習する気持ちと環境とが整っている人は、一種免許状の取得を目指して大学に進学しているのです。さらに大学を選んだ場合、養成課程の修了後に大学院に進み、専修免許状を取得することも可能となります。専修免許状とは幼稚園教諭の免許状の最上位で、これを取得すると、幼児教育のスペシャリストとして世間から認められることになります。そのため幼稚園にもよりますが、一種や二種の免許状を持つ幼稚園教諭よりも、給与面で厚遇されたり、より多くの活躍の場を与えられたりします。こういったメリットからも、大学の幼稚園教諭養成課程には人気があります。